《バスケ×シュート練習》コーナーとウィングでボール2個のシューティング


練習の目的

セットシュートとドリブルストップからのジャンプシュートを一連の動きから練習していきます。

この練習では下記のような試合の状況を想定して練習をしましょう。

味方のドリブルペネトレイトに合わせてコーナーからウィングへ移動してボールをミートし、目の前にいるディフェンスをドリブルで抜いてヘルプディフェンスが来る前にジャンプシュート

試合の中ではこのような動きは非常に多く、ミート→ドライブ→ジャンプシュートをマスターすれば攻撃の幅が広がります。

 

練習の手順

コーナー ウィング ボール2個 シュート練習

コーナー ウィング ドライブ ジャンプシュート

  1. コーナーでパッサーからボールをもらってセットシュートを打ちます
  2. 2本目のシュートを打つためにウィングへ上がります
  3. 2本目のシュートは下記の中から選択します。
  4. ・キャッチアンドリリースのミートシュート
    ・クロスオーバー(図では右側へドリブル)で1回か2回ドリブルしてからジャンプシュート
    ・ミドルラインへ(図では左側へドリブル)で1回か2回ドリブルしてからジャンプシュート
    ・上2つの動きからステップバックをしてジャンプシュート

  5. 2本目のシュートを打ったらリバウンドを取って、パッサーとシューターを替わります

 

練習のアドバイス

  • ターゲットハンド
  • 動きながらのミートからジャンプシュートやドライブをスムーズに行うためにはターゲットハンドが欠かせません。

    ボールの欲しい場所にターゲットハンドをしっかりと出しましょう。またウィングでボールをもらった時にはトリプルスレッドの姿勢を意識しましょう。

  • ジャンプミート
  • この練習ではシュートだけでなくジャンプミートの練習もできます。

    ジャンプミートとは。ミートの際に空中でボールを取ってディフェンスとのズレを生み出す技術のことです。最初は大げさなくらいのジャンプミートから始めてみるといいでしょう。

コーナーとウィングで行う練習だけでなく、コーナーとトップ・オブ・ザ・キーで行う下記の練習メニューも参考にしてください。

>>コーナーとトップでボール2個のシューティング


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です