【2対2】スタックスクリーンから2ヶ所でシュート練習


練習の目的

ボールサイドのスタックスクリーンの練習をします。スタックスクリーンはディフェンスの対応に応じてカットの方法を変えるのが普通ですが、この練習ではストレートカットのみを重点的に取り組みます。また、スクリーナーのローポストでの面取りの動きも練習していきます。

この練習では下記3つの動きを習得するのが目的です。

  • スタックスクリーンのかけ方
  • スタックスクリーンを使ってアウトサイドのミートシュート
  • スタックスクリーンからの面取り

それではスタックスクリーンから2ヶ所でシュート練習の進め方を見ていきましょう。

 

練習の進め方

練習は2対2を行う4人と、パッサー2人の合計6人で行う。6人はそれぞれ下図のように位置し、ボールは2つ用意する。
スタックスクリーン

1.青1はスタックスクリーンをセットする
2.青2はスタックスクリーンを使ってストレートカット。ディフェンスを遅れさせ、45度へ上がる
ストレートカット

3.パッサーは45度に上がってきた青2へパスをする
4.青2はボールをミートしてスリーポイントシュートを打つ
スタックスクリーン

5.スタックスクリーンをした青1は、下図の灰色の部分を狙う。ディフェンスに対して面を取り、パスにあわしてゴール下に飛び込む
6.パッサーは青1へパスをする
7.青1はゴール下でシュートをする
スタックスクリーン

 

練習のアドバイス/応用

スタックスクリーンはムービングスクリーンのファールを取られてしまうことが多いです。この練習では、スクリーナーは動かずに止まって壁になること、スクリーンを使う側はスクリーナーが止まっていることを確認してから動き出すようにしましょう。

また、スタックスクリーンを利用したプレイは多様にあります。それらの動きに応用させるためにも、最も基本となる今回の練習にしっかりと取り組むことが大切です。


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です