3秒バイオレーションとは? | バスケ用語解説のバスケペディア


3秒バイオレーションとは、オフェンスがペイントエリア内に3秒以上いた際に吹かれる反則のことです。

ペイントエリアの中に片足だけ、あるいはつま先だけでも入っていた場合には適用されます。また、ペイントエリアのライン上も適用範囲内となります。

特にセンター陣が吹かれることが多いので、センター陣は3秒ルールに気をつける必要があります。

ちなみに、3秒ルールは、オフェンスがゴールの近くにずっといないようにすることが目的で作られたルールです。

その他、時間に関わるバイオレーションとしては下記があります。

*3秒ルール、スリーセカンド、3秒ヴァイオレーションと呼ぶこともあります。


今、あなたにオススメ

One Comments

  1. Pingback: バスケットボールの用語解説まとめ!パスケペディア | Five Sprits

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です