30秒バイオレーション(30秒ルール)とは? | バスケ用語解説のバスケペディア


30秒バイオレーションとは、オフェンスが30秒以内にシュートを打たなければいけないというルールのことです。

以前までは日本国内における主流のルールでしたが、NBAを真似る形で24秒バイオレーションへルールが変わり、現在ではミニバスのみの適用になっています。

30秒ルールから24秒ルールへと移行したことで、速攻を主体とする早い展開のバスケットの試合が増えました。一方で、ハーフコートのオフェンスが身につかないという弊害も含んでいます。

アメリカの大学バスケ「NCAA」では35秒バイオレーションを採用しており、現在も24秒ルールの是非は検討されています。

個人的には小中高くらいまでは30秒ルールでもいいのではないかと考えていますが、今後ルール改定があるか注目です。

その他、時間に関わるバイオレーションとしては下記があります。


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です