クリッパーズvsサンダー – セットオフェンス「ホーンズ」


NBAから日本の試合にも活かせるプレイを紹介していきます。

2016年11月03日の動画はクリッパーズvsサンダーの試合からです。

クリッパーズが得意としているセットオフェンスの「ホーンズ」から1プレイをピックアップしました。

ホーンズの基本的な形は、トップ・両ハイポストの高い位置・両コーナーの5箇所からプレイを展開していきます。

様々な仕掛け方があるホーンズですが、この動画の中では両ポストの2人でスクリーンをかけてピックアンドロールをしています。

通常はポイントガードのクリス・ポールが起点となるプレイが多いことから、ディフェンス側も戸惑って対応が遅れているように見えます。

日本のチームでもセンターとパワーフォワードのオンボールスクリーンはかなり有効に使えるオフェンスの手段ですので、ぜひ試してみてください。


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です