コフィンコーナー(coffin corner)とは? | バスケ用語解説のバスケペディア


コフィンコーナーとは、フロントコートとバックコートの間にあるコーナーことを指すバスケットボールの用語です。

また、エンドライン沿いのコーナーのこともコフィンコーナーと呼ぶ場合があります。

コフィンコーナー

上記図で示したコフィンコーナーでは、オフェンスが進めるスペースが限られるのでターンオーバーをする可能性が高く、ディフェンスがダブルチームなどを仕掛ける格好の場所となります。

オフェンスがターンオーバーをしやすい、つまり、オフェンスにとっての「墓場」ということからコフィン(Coffin、墓場、ひつぎ)コーナーと呼ばれるようになりました。

ゾーンプレスを仕掛ける場合は、コフィンコーナーが重要なポイントになります。ゾーンプレスの練習を通してコフィンコーナーという言葉を使うことは避けられませんので、選手全員が用語の指す場所を理解しておくことが大切です。

また、オフェンスにとってはコフィンコーナーは進んではいけない場所になります。ボール運びをするポイントガードはもちろんのこと、他のプレイヤーもコフィンコーナーへは行ってはいけないという認識を持っておくことが大切です。


今、あなたにオススメ

One Comments

  1. Pingback: バスケットボールの用語解説まとめ!パスケペディア | Five Sprits

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です