【バスケ】7つのボールハンドリングドリルでドリブルが上手くなる


皆さんはどのようなボールハンドリングの練習をしていますか?

ボールハンドリングはドリブルの技術を高めるために欠かせないトレーニングで、ミニバスからプロまで練習の中で取り入れられているものです。

ボールハンドリングの練習の仕方がわからない、新しい練習をしてみたいという方のために、7つのドリルを紹介したいと思います。まずは動画を見てください。

英語なので何を言っているかわからないかもしれませんが、これから日本語で解説していくので心配しないでください。

 

1.フィギュア・エイト(Figure Eight)

8の字を描くようにドリブルをするドリルです。体を温めるためのウォーミングアップとしての役割も果たします。

まずはドリブルなしでボールハンドリングから始めましょう。
慣れてきたら2回ドリブルして逆の手へ行きます。その後、1回ドリブルして逆の手へ行きます。

ある程度やり方をマスターしたら、低いドリブルと高いドリブルのメリハリをつけましょう。低いドリブルは地面を這うくらい低くつくことが大切です。動画の中では相当低くついていることがわかると思います。

もちろん、全てにおいで逆周りもします。

 

2.2×2×2×2

両手のドリブルハンドリングの技術を高め、リズムを身につけるためのドリルです。

手順は、

その場で2回ドリブル→片手でクロスオーバーで2回ドリブル→前後に2回ドリブル→インサイドアウトで2回ドリブル

右手が終わったら左手も同様に行います。
目安としては10セット~15セットを行いましょう。

 

3.スキップドリブル(Skip Dribbles)

スキップをしながらドリブルをつくドリルです。ミニバスなどではスキップができない子もいますので、スキップだけの練習から始めるといいでしょう。

スキップをしながら以下の3つのドリブルをします。
 ・クロスオーバー
 ・レッグスルー
 ・ビハインドザバック

スキップをしながらのビハインドザバックは難易度が高いので、選手のレベルに応じて行わなくてもいいでしょう。

また、前進だけでなく、後進しながらのスキップでも同様に行います。スキップをしながらドリブルをつくことで、ドリブルのリズムを身につけることができます。

 

4.ジグザグドリブル(Zig-Zag Dribbles)

ジグザグにドリブルで進みながら、切り返しを練習するドリルです。

サイドラインとエルボーの幅にカラーコーンを置き、カラーコーンに向かって進んでそこで切り返しをします。

切り返しの方法は以下の4つです。
 ・クロスオーバー
 ・レッグスルー
 ・ビハインドザバック
 ・スピンムーブ(ロール)

姿勢を低く保って、ドリブルを強くつくことが大切です。

 

5.ピストルドリブル(Pistol Drill)

片手だけを使って、クロスオーバーをするドリルです。難易度が高いドリルで、ハンドリング技術が高くないと行えません。

このドリルではドリブルが弱くなってしまいがちなので、強いドリブルを意識しましょう。

 

6.クロス+クロス+レッグスルー+壁当てパス(Cross+Cross+Between+Wall Drill)

このドリルは壁の正面に立って行います。

クロスオーバー→クロスオーバー→レッグスルー→壁に向かってパス。ボールをキャッチして再びクロスオーバー→クロスオーバー→レッグスルー→壁に向かってパスを繰り返します。

壁から返ってくるボールをキャッチする手を逆にして、行う手が交互になるようにします。

 

7.クロス+レッグスルー+ビハインドザバック(Cros+Between+Behind+Wall Drill)

ステファン・カリーが試合前のウォーミングアップで使っている練習メニューとして有名です。

クロスオーバー→レッグスルー→ビハインドザバック→壁に向かってパス。キャッチする手を逆にして、交互になるように繰り返し行います。

いかがでしたか?

ボールハンドリングの練習方法は数多くありますが、今回紹介した7つの練習方法はどれも重要なものです。練習していないものがあれば、すぐに取り入れてみてください。

また、クロスオーバーをより上達させたいという方は以下を参考にしてみてください。

>>クロスオーバーでディフェンスを抜く6つのコツ


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です