手渡しパスのシューティング練習


練習の目的と効果

  • ハンドオフからのシュート力を身につける
  • きちんとしたミートからのシュートと正しいシュートフォームを身につける
  • 実践で使えるハンドオフの技術を身につける

練習のやり方

  1. 両サイドのトップとウィングの4箇所に並ぶ
  2. トップにいるプレイヤーがボールを持ち、同じサイド側にドリブルでしかける
  3. ドリブルと同時に、ウィングのプレイヤーはウィークサイドにワンフェイントを入れて、ストロングサイドに切れ込んでくる
  4. ハンドオフでパスを受け取り、ジャンプシュート
  5. シューターは自分でリバウンドし、トップにいたプレイヤーはウィングの列に並ぶ

ハンドオフのシューティングドリル

練習のバリエーション

シューターはミートシュートだけでなく、ステップバックからジャンプシュート、ワンドリブルでエルボーからジャンプシュート、ワンドリブルからツードリブルでレイアップも行う。また、ウィングポジションにディフェンスをつけるのも効果的な練習になる。ディフェンスのポジションに応じて、オフェンスはバックカットをしても良いでしょう。

練習を楽しむための工夫

ディフェンスをつける場合は、オフェンスを止められない限り、ずっとディフェンスをするといいでしょう。ディフェンスが負け残りで練習をやっているチームが多いでしょうが、オフェンスが勝ち残りの方がいいと私は考えています。

理由は色々とありますが、今回は説明を省かせてもらいます。チーム全体のレベルがあまり高くない場合は、負け残りや勝ち残りのルールを作らずに、普通にローテーションで回すほうがいいでしょう。


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です