ポイントガードとは? | バスケ用語解説のバスケペディア


ポイントガードとは、バスケットボールにおけるポジションの名前です。ポイントガードのことを1番やPG(Point Guard)、リードガードと呼ぶこともあります。

ちなみに、ポイントガードのポイントを、「得点のPoint」と考えている方もいますが、実は「進路を転換するPoint」のことです。つまり、ポイントガードはチームの進路を決める=司令塔の役割を果たすポジションということです。

 

ポイントガードに要求されること

ポイントガードが果たすべき役割は多岐にわたります。

簡単に挙げるだけでも、以下のようなものがあります。

  • 高いバスケIQ
  • 強いリーダーシップ
  • ボールハンドリング力
  • フロア状況把握能力
  • 試合の流れを適切に掴む能力

ポイントガードはコート上の監督と言われることもあり、ポイントガードに求められる役割は非常に多く、最も難しいポジションと言えます。

ポイントガードに求められる6つの特徴と役割を以下の記事でまとめたので参考にしてください。
>>ポイントガードに要求される6つの特徴と役割

また、他のポジション(シューティングガードスモールフォワードパワーフォワードセンター)との違いに関しては、以下の記事を参考にしてください。
>>《バスケ初心者必見》バスケのポジション別の役割を理解しよう


今、あなたにオススメ

One Comments

  1. Pingback: バスケットボールの用語解説まとめ!パスケペディア | Five Sprits

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です