《バスケシュート練習》レインボーシューティングドリル


練習の目的

レインボーシューティングドリルは、ゴールに近い距離から3ポイントまで、効率よくシュートの練習をできるドリルです。シンプルな練習メニューなので、ミニバスや中学でもおすすめです。

また、身体的負担がほとんどないので、試合前や練習開始前の体を温めるためのウォーミングアップとしても使えます。

 

練習の進め方

1.エンドラインの2箇所に分かれて並び、ボールを2つ用意する。片方は先頭の選手、もう片方は2番目の選手がボールを持つ(ボールを持たない先頭の選手が最初にシュートを打つ)
2.先頭の選手は円を描くように動き、ボールをもらってシュート(レイアップ、ジャンプシュートなど)を打つ。自分でリバウンドを取って、逆サイドの先頭にボールをパスし、その列に並ぶ
レインボーシューティング

3.シューターへパスを出したら、シューターの後ろを通って円を描くように動き、ボールをもらってシュートを打つ。以下同様に次の選手がスタートする。
4.1周または決まったシュート数を決めたら、距離を徐々に遠くしていく
レインボーシューティング

 

シュートを打つスポットは、

  • ゴール下
  • ブロック
  • エルボー
  • トップ・オブ・ザキー
  • スリーポイント
  • スリーポイントからワンドリブルジャンプシュート
  • etc

 

練習のアドバイス

ゴール下のシュートは利き手に関わらず、ゴールから遠いてでシュートを打つようにします(左サイドなら左手)。これはディフェンスにブロックされることを防ぐためです。また、意図的にバンクシュートをするのもいいでしょう。

選手のレベルに応じてシュートスポットは柔軟に変える必要がありますが、シュートの練習としてだけでなく、練習の1番最初にウォーミングアップとしても使えるのでおすすめです。


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です