テイクチャージとは? | バスケ用語解説のバスケペディア


テイクチャージとは、ディフェンスがオフェンスのドライブの進行方向にあらかじめ立ち、オフェンスチャージングをもらうプレーのことを言います。

テイクチャージの基本的なルールとして、両足がコートについて止まっている、上半身から下半身にかけて真っ直ぐ立っているということがあります。つまり、オフェンスに先回りして真っ直ぐに立っている所に、オフェンスが突っ込んできたらテイクチャージとなります。

もちろん、ディフェンスの足が動いている場合でもテイクチャージとなることはあります。

また、オフェンスチャージングとテイクチャージは同じプレイを指しますが、オフェンス側の視点から言う場合がオフェンスチャージング、ディフェンスの視点から言う場合をテイクチャージと言います。


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です