トレーニング・食事

筋トレが続かないのは自分の意思が弱いからじゃない!筋トレを習慣化する重要なポイント

筋トレが続かないのは当たり前

「筋トレを始めたけど、思った以上につらくて続けられない…」
「ジムに入会したけどモチベーションが続かない…」

筋トレは様々な理由で挫折してしまう方が多いのも事実。「継続は力なり」という言葉の通り、筋トレは続けてこそ意味があります。

そこでこの記事では、筋トレが続かない理由と続けるためのコツを紹介。筋トレは習慣化してしまうまでが勝負。筋トレを継続して理想の体を手に入れましょう。

筋トレが続かないのは当たり前?

筋トレが続かないのは当たり前筋トレがなかなか継続できなくても「自分はなんて意思の弱い人間なんだ・・・」と落ち込む必要はまったくありません。

実は、多くの方が筋トレを始めても継続することができていないんです。そもそも筋トレが続かないのには以下のような証拠があります。

そもそも人間は筋トレをするようにできていない

そもそも人間は筋トレをするようにできていないハーバード大学の進化生物学者であるダニエル・リーバーマンは、「多くの人間が筋トレを継続できないのは、そもそも人間は筋トレをするようにデザインされてないからだ」と主張しています。

その理由として、人間は生きるために必要不可欠な活動以外は、できるだけ体力を温存する本能があることをあげています。

食料が不足していた石器時代に人類が生き延びるためには、できるだけ無駄な体力を消耗しない必要があったことに起因しています。

もし、本能レベルで筋トレを拒んでいるのだとしたら、人間が筋トレを継続できないのはごく自然なことと言えますね。

ジムに入会して半年で70%は退会

ジムに入会して半年で70%は退会Best Fitness Systemsの調査によると、一般的なフィットネスジムにおいて、新規会員の約70%が半年以内に退会します。

つまり、ジムに入会しても、筋トレを半年以上継続して行うのは10人に3人しかいないということです。

筋トレを継続して行っている人のほうが少数派で、筋トレが続かないのは当たり前なんですね。

筋トレが続かない7つの理由

筋トレが続かない7つの理由人間は筋トレを継続できないのが当たり前だと分かったところで、筋トレが続かない理由を分析してみましょう。

筋トレが継続できない理由を、「意思が弱いから」で終わらせず、具体的にどんな要因があるか理解することが、的確な解決策を取り入れることに繋がります

筋トレが続かない主な理由を紹介していくので、自分に当てはまる項目がないかチェックしてみてください。

①最初の目標設定が高い

①最初の目標設定が高い

最初に厳しい目標設定をしてしまうと、すぐにやりたくない気持ちに…筋トレが続かずに、習慣化する前に辞めやすくなってしまうのです。

筋トレを始めるときはモチベーションが高く、ついつい「週に5回ジムに行って、毎回1時間筋トレする」のような厳しい目標を掲げていまいがちですが、モチベーションが下がることも考慮に入れて、最初の目標設定を決めましょう。

②必ず限界まで追いこもうとする

②必ず限界まで追いこもうとしてしまう

今日も限界までやらなきゃ…と思うと、筋トレがつらいものになって続かなくなります。

もう限界!一回もできない!というところまで筋肉を追い込む必要はなく、余力が残る程度でも十分に筋トレの効果はあります

一回の筋トレでとことん追い込むよりも、継続して通った方が筋トレの効果は高いので、無理せずできる回数で筋トレを行いましょう。

③筋トレするうえでの目標や期限がない

④筋トレするうえでの目標や期限がない筋トレは基本的につらいもの。なんとなく筋トレしてみようという好奇心だけではなかなか続けることはできません。まずは目標や期限を明確にすることが必要です。

  • 筋トレをする上での目標はなんですか?
  • それをいつまでに達成したいですか?

上記の質問にすぐに答えられなくても心配無用。実は筋トレの目標や期限を最初からはっきりと定めらている人はあまりいません

  • 夏までに女性にモテるカッコいい体になりたい
  • 春までに筋力をつけてスポーツにいかしたい

など、目指すゴールはなんでもいいので、まずは目標を決めましょう。

④予定があいまい

⑦予定があいまい

ジムは時間がある時に行く…のように予定をあいまいに決めていると、筋トレが続きません。つらい筋トレに「行けたら行こう」では行きませんよね。

予定が合ったら行くのではなく、筋トレするために予定を明けるつもりで行動することが必要です。

⑤完璧主義者になってしまう

③完璧主義者になってしまう

筋トレを続けられない人に多いのが、「完璧主義者」。

ここまで説明した「筋トレが続かない理由」と矛盾しているようですが、自分が決めたルールに拘りすぎると、ルールを守れなかった時にやる気が落ちて筋トレを続けられなくなります

今日は筋トレをする日と決めていても、体調が悪かったり急用が入ったりして、できなくなることは誰にでもあります。

一日筋トレできなくても筋肉が落ちることはありませんので、投げ出さずに継続することの方が重要です。

⑥効果を感じる前に挫折する

⑤効果を感じられない筋トレの効果をすぐに求めると、「こんなにやってるのに、なんで結果が出ないんだろう…」と思って、途中で筋トレを辞めてしまいがちです。

筋トレの効果をはっきりと実感するまでに、約3か月かかります。どれだけ一回の筋トレで追い込んでも筋肉が増える量には限界があるため、体が変わり始めるのに3ヶ月はかかるのです。

⑦ジムの選び方が悪い

⑥ジムの選び方が悪い

ジムを適当に選んでしまうのも、筋トレが続かない大きな理由です。

  • あっちのジムの方が安いから
  • こっちのジムの方が器具がそろっている

などの理由で遠いジムを選んでいませんか?

ジムはとにかく通いやすいことが第一条件。自宅の近くや通勤途中で寄れる場所など、とにかく通いやすい場所にしましょう。

筋トレを続けやすくする7つのポイント

筋トレを続けやすくする7つのポイント自分の筋トレが続かない理由は見えてきたでしょうか。次は、続きやすくなるコツを紹介します。すぐに取り入れられるものが多いと思うので、是非試してみてください。

①継続できる5分から始める

①続かな1時間より、継続できる5分から筋トレを始めた最初は、

  • とりあえず週に1回ジムへ行く
  • ジムに行ったら5分だけでいいから腹筋運動をする

など、確実にできる内容から筋トレをスタートするのがおすすめです。

これなら確実にクリアできるという目標を設定して、達成できたという充実感を感じることが、継続する上での原動力になります。

②1日サボっても筋肉は減らないと知る

②1日サボっても筋肉は減らない1日筋トレを頑張っただけでは筋肉はつきませんが、逆に1日さぼってもたいして筋肉は減りません

  • 仕事が忙しくて筋トレができない
  • 疲れがたまっていて体を動かしたくない
  • どうしてもやりたくない

という日は、筋トレを休んでも構いません。筋トレを辞めてしまわなければ、筋トレの効果は必ず現れます。

③目標設定を具体的にする

③目標設定は具体的に

筋トレ初心者の方は、数値目標を置くよりも、目標とする体のイメージを描くことが大切。「~みたいな体」のように人物で設定すると分かりやすいです。

例えば、

  • なかやまきんに君のようなゴリゴリマッチョを目指す
  • 武田真治さんのような健康的な筋肉質の体を目指す

など、目標を人物像において明確にすることで、目標に近づいている実感が湧いて筋トレを続けやすくなりますよ。

また、期限を決めることも効果的。漠然と「夏までに」と決めるよりも、海に行く予定を決めて「〇月〇日までに」と決めることで、少なくともその日までは頑張れます。

④成長を可視化する

③成長を可視化する自分の成長を目で見て確認することでモチベーションアップに繋がります。

おすすめは、毎回筋トレ後に鏡の前で自分の体の写真をとることです。写真が溜まるほど、少しずつ自分の体の変化を感じられるはずです。

他にも、自分がジムにいった日を、カレンダーに印をつけるのもおすすめです。ジムに行って筋トレをしたという行動そのものを評価することで、筋トレの成果を感じられなくても、達成感を得られます。

とにかく、目に見える形で、筋トレの記録を残すことが重要です。

⑤YouTubeやSNSで気持ちを高める

④YouTube、SNSなどで気持ちを高める

カッコいい体で筋トレをしている動画を見ると気分が高まるだけでなく、筋トレに関する新しい知識が得られるので、筋トレの質も自然に向上します。

YouTubeには筋トレYouTuberと呼ばれる方が多く存在しており、彼らは筋トレに関する様々な情報を発信しています。彼らの動画を見て、モチベーションを高めましょう。

また、instagramやtwitterでも、筋トレに関する情報を多く得られるので、気軽にフォローしてみるといいでしょう。

⑥仲間と一緒に筋トレする

⑥仲間と一緒に筋トレする誰と、いつ、どこで筋トレするか決めるのも、筋トレを継続するおすすめの方法です。

誰かと一緒にやる約束をすることで、¥約束を守らなきゃという気持ちから、サボりづらくなります

また、一緒にやる人に補助をしてもらうことで、普段よりも追い込んだ筋トレをすることもできますよ。

⑦パーソナルジムに入る

⑦パーソナルジムに入る

一人で筋トレを続けるのは無理…という方は、パーソナルジムへの入会がおすすめ

専門のトレーナーの方があなたにあった筋トレメニューを考えてくれたり、ジムによっては栄養士に食事のサポートをもらえるところもあります。

何より、高いお金を払っているということ自体が、自然と筋トレに向かわせてくれますよ。

ここからは、筋トレが続かない…という方のために、おすすめのパーソナルジムを3つ紹介していきます。パーソナルジムは決して安くないので、しっかりと吟味してから選ぶようにしてください。

どうしても筋トレが続かない!そんな方におすすめのパーソナルジム3選

どうしても続かない!そんな方におすすめのパーソナルジム3選いろいろ試してみたけどやっぱり筋トレが続かない…という方はパーソナルジムに入会して環境を大きく変えるのも1つの手。確かにお金はかかりますが、試してみる価値はありますよ!

1.RIZAP(ライザップ)

RIZAP

印象的なCMで有名な「RIZAP」。実績は折り紙付きで、世界に120店舗を展開、会員数は11万人を超えています。

RIZAPの特徴はトレーナーの指導力の高さ。採用率約3%の厳選採用に加え、192時間の研修など、トレーナーの育成に力を入れています。

RIZAPの価格は他のパーソナルジムに比べると高いですが、高いクオリティーのサービスを受けることができますよ。

  • 総額料金 34,8000円
  • 時間×回数 50分×16回

公式サイト

2.24/7ワークアウト

24/7パーソナルトレーニング

全額返金保証のある「24/7ワークアウト」。24/7ワークアウトは、優秀なトレーナーを集めているのにも関わらず、料金が安く抑えられていることが最大の特徴です。

また、営業時間が7:00~24:00で、他のジムに比べ遅くまで営業しているので仕事が忙しい方にもおすすめ。さらに、完全貸し切りなので、他のお客さんと会わなくて済むというところも魅力の一つです。

  • 総額料金 23,4000円
  • 時間×回数 75分×16回

公式サイト

3.es three(エススリー)

es three

ダイエット専門のパーソナルジム「エススリー」。エススリーの特徴は、他のパーソナルジムに比べてリーズナブルな価格設定になっていることです。

価格が抑えられている一方で、「個室でのマンツーマンレッスン」「栄養管理指導」などサービス内容も充実しているので安心して利用することができます。

  • 総額料金 18,5000円
  • 時間×回数 60分×18回

公式サイト

まとめ:筋トレを続けるには続かない理由を知ることが大切

筋トレが続かない理由や続けるためのコツについて紹介してきました。

筋トレはそもそも続けることがすごく難しいものです。筋トレを続けられるようになるために、まずは続かない理由をしっかりと理解しましょう

続けることさえできれば、必ず成果がでますよ。筋トレで理想の体を手に入れて、より自信のもてる自分になりましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です