シューティングドリル

《バスケ×シュート練習》ピックアンドロールを活用したシューティングドリル


まずはピックアンドロールからプルアップジャンプショットのイメージがつかめる動画を見ましょう!

いかがですか?ピックアンドロールを使って、ディフェンスとのスペースができた際にプルアップジャンプショットを打つイメージはつかめましたか?

練習の目的

ピックアンドロールからプルアップジャンプショットを習得することが目的の練習です。

ピックアンドロールからのオプションは多数ありますが、プルアップジャンプショットをするのは、ボールマンのディフェンダーがスクリーンにかかって後ろにいる状況で、更にスクリーナーのディフェンダーが下がっている場合です。

特にスクリーナーのディフェンダーがビッグマンで、スクリーナーに付いてこないでペイントエリアに残っている場合にジャンプショットを選択すると効果的なオフェンスとなります。

練習では、コーンや椅子をスクリーナーと見立てて行いましょう。ウィング/トップの2ヶ所から行うことで、様々なシチュエーションをイメージしながら行います。

また、プルアップジャンプショットをしたらすぐにサイドステップで次のシュートの位置まで移動し、スポットショットを打ちます。

それでは練習方法を見ていきましょう。

 

ウィングからのピックアンドロール+スポットショット

1.ウィングでボールを持ち、ピックアンドロールから2~3回ドリブルをして、エルボー付近でプルアップジャンプショットをする。
2.トップポジションへ移動し、パッサーからパスを受けてスポットショットを打つ

ピックアンドロールからプルアップジャンプショット

 

トップからのピックアンドロール+スポットショット

1.トップでボールを持ち、ピックアンドロールから2~3回ドリブルをして、エルボー付近でプルアップジャンプショットをする。
2.ウィングへ移動し、パッサーからパスを受けてスポットショットを打つ

ピックアンドロールからプルアップジャンプショット

 

練習の応用

練習の応用方法として、2本目のシュートを打つ際に、パッサーがパスを出すのと同時にディフェンスとしてクローズアウトをして、2本目のパスを受けると同時に1on1(1対1)をします。

オフェンスはパスを受ける前に、ディフェンスの位置を把握し、その場でスポットショットを打つのか、ドリブルペネトレイトをするのかを判断しましょう。ただし、この練習は時間がかかるので、人数が多い場合はドリブルの回数は2~3回までなどと制限するといいでしょう。


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です