《シュートが上手くなる方法》正しいシュートフォームの基本を身につける4つのコツ


これから、複数回に渡って、適切なシュートフォームを身につけるための基本的な練習方法/考え方を説明していきたいと思う。シューティングドリルも同時に紹介していくので、参考にしてもらえたら幸いだ。

まず、適切なシュートフォームを身につけるために、スタンドシューティング、フリースローなどの動作のない練習をメインで行っていく。シュートで大切なことは、「一貫して」いるシュートフォームを「自動的に(無意識下)」で、「何度でも」行うことができるようになることである。

基本的なシュートフォームは、以下の4つによって構成されている。

  1. バランスの取れたスタンス(足元)
  2. ボールの握り方(手元)
  3. 身体全体に1本の線が通ったバランス(身体全体)
  4. フォロースルー(シュート後)

そして、この4つを結びつける「リズム」が最大のポイントになってくる。

2015-2016年のNBAで驚異的な記録を残しているステファン・カリーも、シュートのリズムについて以下のように語っている。
“I love everything about shooting, but mostly that perfect form, when your body is in rhythm from the time you plant your feet to the time you release the ball. When it happens, everything is very smooth and calm from your feet through your release. It’s a beautiful thing.”

“シュートの全てが私は大好きだ。ただし、それはフロアに足を置いてからボールが指先を離れるまでのリズムが、完璧なシュートフォームを実現できている時だけだ。その時(完璧なシュートフォームの時)、足先から指先までの一連の動作がスムーズでものすごく静かに感じる。それはとても感動的なことなんだ。”

ステファン・カリーがシュートにおいてリズムがいかに大切かということを語っている。カリーのシュートフォームは崩れているように見えることも多々あるが、リズムがあっているためにシュートの確率が高いと考えることもできるだろう。

カリーシュートフォーム

それでは、基本的なシュートフォームを構成している4つの要素について、1つずつ見ていこう。

 

1.バランスの取れたスタンス

脚は肩幅に開き、膝は軽く曲げ、お尻を落とした姿勢をとる。
つま先はゴールに向け、軸足でない足を少しだけ前に出す。(右利きの場合は右足9
ボールを胸の前(人による)にセットする。
ゴールに目を向け、集中する。

 

2.ボールの握り方

手首をかえしてボールを持つ。
手のひらはボールに触れず、利き手(シュートを打つ方の手)は可能な限りリラックスする。
左手はそえるだけ!(by桜木花道)

 

3.身体全体のバランス

つま先、膝、お尻、ひじ、手首、指先、目の全てがゴールに対して1直線

 

4.フォロースルー

腕をしっかりと伸ばす。
手首を使ってスナップをかける。
スナップをかけ終えた指先がきちんとゴールを向いていることで、キレイなバックスピンがかかる。
意識は手ではなく身体全体、そしてゴールに常にむける。

 
いかがだろうか?
私は、シュートフォームは1人1人千差万別であり、正解というものはないと考えている。それは1人1人が持っているリズムや筋力が違うためであるが、確率の高いシュートを打つ選手に共通しているのは上記で説明した基本であると思う。基本に沿って練習を行い、その上で自分にしっくりと馴染むシュートフォームを身につけると上達の近道になるだろう。

>>シュートが劇的に上達する「シュートマジック」はこちら


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です