オフェンス

《バスケ×シュート練習》コーナーとトップでボール2個のシューティング

練習の目的

コーナーからのスポットシュートと動きの中でのトップからのシュートを一連の動きから練習します。

ゴール下からトップ・オブ・ザ・キーへ駆け上がってボールをミートする動きは試合でも多く、この動きは練習の中で取り組む必要があります。

また、同様の動きをするセットオフェンスも多いので、シューターは念入りに練習しましょう。

>>《バスケ×セットプレー》ピストン – マンツーマン対策

 

練習の手順

コーナー トップ ボール2個 シュート練習コーナー トップ ボール2個 シュート練習
  1. コーナーでパッサーからパスをもらってスポットシュートを打ちます
  2. シュートを打ったらゴール下へ走り、ゴール下からトップ・オブ・ザ・キーへポップアウトします
  3. トップ・オブ・ザ・キーでパスをもらって2回目のシュートを打ちます。
  4. 2回目のシュートに際しては、キャッチアンドリリースだけでなく、ドライブからジャンプシュートやステップバックも練習しましょう。

 

練習のアドバイス

2本目のトップ・オブ・ザ・キーから打つシュートは、ゴールを背にした状態からミートをするので難易度が高く、ミート時にゴールに対して身体を正対させることが大切です。

また、試合ではスクリーンを使ってトップ・オブ・ザ・キーへポップアウトをすることが多いので、試合を想定してミートからの動き(主にペネトレイト)も練習しましょう。

コーナーとトップ・オブ・ザ・キーだけでなく、コーナーとウィングで行う下記の練習メニューも参考にしてください。

>>コーナーとウィングでボール2個のシューティング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です