オフェンス

フレアスクリーンから2ヶ所でシューティング練習

練習の目的

オフサイド(ボールがないサイド)での2人の動きを練習します。今回の練習では、オフサイドで最も基本的なフレアスクリーンの動きをマスターします。

3つの動きを練習するのが目的です。

  • フレアスクリーンのかけ方
  • フレアスクリーンを利用してアウトサイドのミートシュート
  • フレアスクリーンからスリップ

それではフレアスクリーンから2ヶ所でシューティングの練習に入っていきましょう。

 

練習の進め方

練習は2対2を行う4人と、パッサー2人の合計6人で行う。6人はそれぞれ下図のように位置し、ボールは2つ用意する。
フレアスクリーン

1.ウィング(青2)はガード(青1)に対してフレアスクリーンをかける
フレアスクリーン

2.ガード(青1)はフレアスクリーンを使って45度から0度の間へ動く
3.パッサーAは青1へパスをする
4.青1はパスを受けたらミートシュートをする
フレアスクリーン

5.フレアスクリーンをした青2は、スクリーン後にスリップしてゴールへ飛び込む
6.パッサーBは青2へパスをする
7.ゴール下でフィニッシュ
フレアスクリーン

 

練習のアドバイス/応用

実戦を意識した2対2の練習ですが、動きに慣れるまでは空動き(ディフェンスなし)で練習をします。ディフェンスの代わりにコーンをおいてスクリーンをかけるようにするのもいいでしょう。

また、フレアスクリーンを利用するガードは、逆側にフェイントを入れてからフレアスクリーンを利用することで、スクリーンをより有効に利用できます。

フレアスクリーンを利用してスリーポイントを狙う場合は、ミートして素早くリリースすることが大切です。また、正面からのパスと違い、シュートの成功確率が低くなってしまうので、十分に練習する必要があります。フレアスクリーンを使いこなして、試合に勝てるようになりましょう。

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です