オフェンス

【2対2】ウィングのボールスクリーンから2ヶ所でシュート

練習の目的

オンボールスクリーン(ボールマンに対するスクリーン)の基本的な動きであるピックアンドロールを反復練習します。また、ミドルレンジのシュート練習も同時に行うことで、生産性の高い練習を行うことが目的です。

ディフェンスなしの空動きから始め、実践的な2対2の練習に発展させていきます。ピックアンドロールをする際は、スクリーナーの両足がきちんと止まっていること、上半身がまっすぐであることを意識して指導するようにしましょう。

それでは「ウィングのボールスクリーンから2ヶ所でシュート」の練習方法を見ていきましょう。

 

練習の手順

練習は2対2を行う4人と、パッサー1人の合計5人で行う。5人はそれぞれ下図のように位置し、ボールは2つ用意する。(空動きの場合は3人)
2ヶ所のシューティング

1.ガード(青1)からウィング(青2)にパスをするところから練習をスタートする。
ピックアンドロール

2.パスをしたガード(青1)はウィング(青2)に対してオンボールスクリーンをかける
ピックアンドロール

3.ウィング(青2)はスクリーンを使ってドライブを仕掛ける
ピックロール

4.スクリーナー(青1)はピックアンドロールでゴールへ向かって飛び込む
5.ウィング(青2)はスクリーナー(青1)へパスをする。
ピックアンドロール

6.スクリーナー(青1)はボールを受けたらシュート
7.ウィング(青2)はパスを出したら逆サイドのウィングへ向かって走り、パッサーからボールをもらってジャンプシュート
バスケシュート

 

練習の応用/アドバイス

まず最初はディフェンスをつけずに空動きから始めるといいでしょう。また、ディフェンスをつけて練習を行う場合でも、最初はディフェンスはダミー(全力でディフェンスをしない)から始めるのがオススメです。

また、これはピックアンドロールからの2対2の練習なので、最初のパスにディナイをする必要はありません。

練習の応用としては、ゴール下でのシュートは、レイアップのみにとらわれず、パワーレイアップ、ギャロップステップなど様々な方法でシュートを打ちます。また、ディフェンスはわざとファールをして、オフェンスが当たりながらも決める練習をすることもできます。

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です