オフェンス

《バスケ×エンドスロー》ボックスゲート – マンツーマンディフェンス対策

マンツーマンディフェンスに対するエンドスローのセットオフェンスは数え切れないほどありますよね。

  • 試合の中でどのセットオフェンスをすればいいか悩む
  • 自分のチームにあったエンドプレーがわからない

という声が多数ありましたので、今回はどのチームでも簡単に導入できるエンドスローのセットオフェンスを紹介したいと思います。

今回紹介する「ボックスゲート」と呼ばれるプレーは、ゴール下のレイアップ、アウトサイドのシュート、ローポスト付近でノーマークを作るという3つのオプションからできています。

早速ですがボックスゲートの手順を見ていきましょう!

ボックスゲートの手順

  1. 下図のようにボックスのフォーメーションからスタートします。
  2. バスケ エンドスロー
  3. 青2は青5へスクリーンをセットし、青5はゴール下へ飛び込みます。
  4. バスケットボール エンド セットプレイ
  5. 青2がスクリーンをセットすると同時に、青3は動き始め、青4と人一人分のスペースを空けたところでスクリーンをセットします。(青4と青3の間を青2が通っていきます)
  6. 青2は2人のスクリーンを使ってコーナーへいきます。ディフェンスが遅れていればキャッチアンドシュートを狙います。
    ちなみに、青3と青4の2人のスクリーンがゲート(扉)のようになっていることからこのセットプレーは「ボックスゲート」という名称になっています。
  7. バスケ エンドプレー
  8. 青2がスクリーンを通過したら、青3と青4はそれぞれ図のようにポップアウトします。
  9. 青1は青5へスクリーンをセットし、青5は可能な限りゴール下で面をとって青2からパスを受けてシュートを狙います。
  10. バスケ スローイン 戦術

ボックスゲートを成功させるためのコツ

  • タイミング
  • スクリーンをセットするタイミングが全てと言っても過言ではありません。

    特に手順「3」の青3の動き始めるタイミングは重要で、早すぎず遅すぎないようにしましょう。チーム内で何度も練習して、タイミングを確かめるのがいいでしょう。

  • 3秒バイオレーションは気にしない
  • たまにエンドスローの3秒バイオレーションを気にする方がいますが、3秒バイオレーションはボールがコート内にあるときに適用されるルールです。

    エンドスローには関係がありませんので、勘違いしないようにしましょう。

バスケ エンドプレー サイドプレー
エンドプレー/サイドプレーを成功させるための7つのコツエンドプレーやサイドプレーは試合の勝敗を左右すると言っても過言ではないほどバスケットボールの試合においては重要です。 例えば、1試...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です