バスケペディア

クロスオーバードリブルとは? | バスケ用語解説のバスケペディア

クロスオーバードリブルとは、ディフェンスを抜き去るために最も効果的なドリブルと言われており、体の正面で左手から右手(右手から左手)に切り替える動きのことです。

ドリブルを突く手を変えるだけでなく、体を左右に揺さぶることでディフェンスを抜き去ります。

まずはクロスオーバードリブルのイメージを下の動画で掴んでみてください。

クロスオーバードリブルを成功させるためには、ドリブルを強く突く、ディフェンスとのズレを意識する、足運びを学ぶ必要があります。
また、クロスオーバードリブルはディフェンスの目の前でボールを入れ替えるため、スティールされやすいドリブルです。きちんとしたスキルを身につけて、1on1でディフェンスを抜きされるようになりましょう!

以下の記事で詳しく説明していますので、参考にしてください。

>>クロスオーバーでディフェンスを抜く6つのコツ

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です