オフェンス

《バスケ×セットプレー》ホーンズからのダブルスクリーンからバックスクリーンポスト

このセットプレーはセンターにバックスクリーンをすることで高い確率でノーマークのゴール下シュートを打てます。

また、2015-2016年シーズンのゴールデンステイツウォーリアーズ(GSW)が得意としていたセットオフェンスです。

ゴール下へのパスが入らなかった場合でも、第2のオプションとしてアウトサイドのスリーポイントシュートを狙うことができる優れたセットオフェンスです。

 

バックスクリーンポストの手順

  1. 下図のようにホーンズ(Horns)のフォーメーションで始めます。
  2. バスケットボール セットプレー
  3. ポイントガード(青1)は青4と青5のダブルスクリーンを使ってドリブルで逆サイドのウィングへ行きます。
    ゴールラインにディフェンスがいない場合はペネトレイトをしてもOKです。
  4. バスケ ダブルスクリーン
  5. 青1がドリブルでサイドチェンジを始めるのと同時に、青2はローポストから青5へバックスクリーンをセットします。
  6. 青5はバックスクリーンを利用してゴール下へ飛び込んで青1からパスをもらいます。ディフェンスの位置によってはタップシュートが狙いやすいです。
    パスが入らない場合はボールサイドのローポストへ行きます。
  7. ダウンスクリーン バックカット
  8. インサイドへパスが入らなかった場合、青2と青4は青3へダウンスクリーンをセットします。
  9. 青3はスクリーンを使ってトップ・オブ・ザ・キーへ上がり、パスを受けてスリーポイントシュートを狙います。
  10. スリーポイントシュート

 

バックスクリーンポストを成功させるためのコツ

このセットオフェンスを成功させるためには、以下の2つのことを意識しておきましょう。

  • バックスクリーンからのミスマッチを見逃さない
  • バックスクリーンに対してスイッチをしてくるディフェンスは多いです。バックカットで青5へパスが入らなかった場合でも、ミスマッチができていればローポストで面を取ってパスを入れるようにしましょう。

    青5はインサイドでの1対1を行い、逆サイドでは同様のダウンスクリーンをセットして青3をノーマークにします。

  • 青3はチームのベストシューター
  • 青3はシュートが得意な選手が行います。

    また、青3のディフェンスが青5のバックカットに対してヘルプをする場合があるので、青1はコーナーの青3へのスキップパスも狙っておきましょう。

    シュートが上手くなりたい人におすすめ!
    シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です