バスケペディア

ショートコーナーとは? | バスケ用語解説のバスケペディア

ショートコーナーとは、コーナーのスリーポイントラインの内側からローポストのブロック付近までのことです。(図参照)

ショートコーナーは合わせのシュートを打つことや、ポストプレイの起点となることが多い大切なエリアです。

特にセンター陣(パワーフォワードやセンター)はショートコーナーからのシュートを練習しておくといいでしょう。

また、ポストプレイをする場合でも、ショートコーナーの場合はゴールに近すぎないため、ディフェンスがダブルチームを仕掛けにくく、自分のリズムで勝負することができるというメリットもあります。

練習や試合中にショートコーナーという単語が出ることも多いので、知らなかった方はこの機会に覚えてください。

バスケットボールの用語解説まとめ!パスケペディア | Five Sprits にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です