オフェンス

《バスケ×セットプレー》エックスクロス(X Cross)

エックスクロスは複数のノーマークのオフェンスを作ることができるセットプレーで、4out1inのベーシックな陣形から始めます。

2人のガードが「X」の文字のようにクロスすることからエックスクロス(X Cross)と呼んでいます。

エックスクロスはマンツーマンディフェンスに対するセットプレーになります。

早速ですがセットプレーの手順を見ていきましょう。

 

エックスクロスの手順

  1. 下図のように4out1inのフォーメーションからスタートします。
  2. エックスクロス
  3. ガードがウィングへパスをするところからセットプレーが始まります。図では青1が青3へパスをしています。
  4. ウィングへパスが出ると同時に、2人のガード(青1と青2)はセンター(青5)をスクリーナーとしてカッティングをします。基本的には青1が先にカットをし、その後に青2がカットをします。カッティングに対してパスを入れることができれば、ゴール下でノーマークのレイアップを打つことができます。青3は必ずインサイドへのパスを狙います。
  5. バスケ セットプレー
  6. 青4はトップへリプレイスします。その際、青5をスクリーナーとしてトップへ上がってもいいです。
  7. 青3は青4へパスをします。それと同時に青1はウィングへ開き、青4から逆サイドへ展開するパスを受けます。(青3→青4→青1)
  8. バスケ セットプレイ
  9. 青3はパスをすると同時に青2をスクリーナーとしてフレックスカットをします。フレックスカットがきちんと決まれば、ゴール下でノーマークのレイバックを打つことができます。フレックスカットが分からないという方は下記を参考にしてください。
    >>フレックスオフェンスとは?
  10. バスケ セットオフェンス
  11. フレックスカットで青3が通り抜けたら、青2はトップへ上がります。その際、青5と青4でダウンスクリーンをセットして、トップ・オブ・ザ・キーでスリーポイントを狙います。
  12. バスケ セットプレー エックスクロス

 

エックスクロスを成功させるためのコツ

エックスクロスを成功させるためには大きく3つのポイントがあります。

  1. 高い位置にセットする
  2. 4out1inでセットプレーをスタートするときに、可能な限り高い位置にポジショニングをすることが大切です。青3と青4はフリースローの延長線上よりも高い位置にポジショニングをしましょう。

    ゴール下にスペースを作ることで、最初の青1と青2のクロスカット、その後の青3のフレックスカット、最後の青2のトップへのカットが決まりやすくなります。

  3. 逆サイドへの展開を素早く行う
  4. 手順「5」の所で逆サイドへボールを展開しますが、この逆サイドへの展開がその後のフレアカットの成否を決めると言っても過言ではありません。スムーズなパス回しができるように1人1人がディフェンスをタイミングよく振り切ることが大切です。

  5. カッティングの緩急をつける
  6. 全てのプレイに共通することですが、ディフェンスを振り切るためには緩急を付けることが欠かせません。このセットプレーはスクリーンを使ってのカッティングが多いので、ディフェンスの様子を見ながらカッティングのスピードを変えていけるといいでしょう。

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です