14秒バイオレーション(14秒ルール)とは? | バスケ用語解説のバスケペディア


14秒バイオレーション(14秒ルール)とは、24秒ルールの変形版です。

オフェンスは基本的には24秒以内にシュートを打たなければいけませんが、オフェンスリバウンドを取った場合などは24秒クロックが14秒へとリセットされるため、14秒以内にシュートを打つ必要があります。

2015年のルール改定によって14秒へのリセットが決められましたが、14秒へのリセットが対応していないタイマーなどもあり、旧ルールの下で行われている大会も依然としてあります。

その他、時間に関わるバイオレーションとしては下記があります。


今、あなたにオススメ

One Comments

  1. Pingback: バスケットボールの用語解説まとめ!パスケペディア | Five Sprits

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です