バスケペディア

8秒バイオレーション(8秒ルール)とは? | バスケ用語解説のバスケペディア

8秒バイオレーション(8秒ルール)とは、オフェンスが8秒以内にバックコートからフロントコートへボールを運ばなければいけないということを規定したルールのことです。

これはディフェンスにとって有利なルールで、ゾーンプレスやオールコートマンツーマンディフェンスを仕掛ける際には8秒ルールが非常に大切になってきます。

ボール運びをするオフェンスとしては、常に8秒ルールのことを頭に入れておくことが大切です。

基本的には24秒クロックが16秒を指す前にボールをフロントコートへ運べばいいのですが、24秒クロックとは別に審判がカウントしていることもあります。

その他、時間に関わるバイオレーションとしては下記があります。

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です