バスケペディア

ゴールテンディングとは? | バスケ用語解説のバスケペディア

ゴールテンディングとは、シュートしたボールがリングよりも上にあり、かつ最高到達点を過ぎて落ちている時にボールに触れるバイオレーションのことです。

ディフェンスがボールに触れば得点がカウントされ、オフェンスがボールに触れればターンオーバーとなり、ディフェンス側のボールとして再開されます。

日本(中高生や大学バスケ)ではほとんど見られないゴールテンディングですが、NABやBリーグでは頻繁に見かけます。

以下は明らかにゴールテンディングなプレイ。

ちなみに、バスケを始めたばかりの方の中には、アリウープはゴールテンディングではないのかという疑問を持つことが多いですが、ゴールテンディングはあくまで「シュート」に対するバイオレーションを規定したものです。

アリウープはシュートではなくパスなのでOKなのです。

*ゴールテンディングは英語表記では「goaltending」と書くバスケットボールの用語です。

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です