フリースローを上達させる楽しいドリルとミニゲーム


フリースローを上達させるためには繰り返し練習することが大切ですが、いつも同じ練習をするのではなく、真剣勝負の練習メニューや遊び心を入れた練習メニューが大切になります。

いつも同じ練習しかしていない(例えば休憩時間に2本ずつ打つだけなど)のであれば、この練習メニューを導入してみてください。

 

スウィッシュ

スウィッシュとはリングに触れることなく決まるシュートのことです。リング中央に弧を描いてシュート打たなければ決まらないシュートで、理想的なシュートと言えます。

このメニューは簡単で、以下の得点に基づいて、先に5点になった方の勝ちとします。

  • スウィッシュなら+1点
  • スウィッシュではないがシュートが決まったら0点
  • 外したら−1点

選手のレベルに応じて得点は変える必要があります。例えば、スウィッシュの得点を+2点にしたり、合計得点を5点ではなく3点にするなどです。

 

プラスマイナス

シンプルな練習メニューです。シュートが決まれば+1点、外せば−1点として、先に10点になった方の勝ちとします。

選手のレベルに応じて以下のように工夫するといいでしょう。

  • ミニバス/中学:決めたら+1点、外したら−1点
  • 高校/大学:決めたら+1点、外したら−2点
  • トップレベル:決めたら+1点、外したら−3点

 

サドンデス

2~5人で行うゲーム形式の練習です。名前の通り、先に外した選手が負け、最後まで決めていた選手が勝ちというゲームです。同じくらいの成功確率の選手同士で行うことで、1本1本への集中力を高めることができます。

 

パートナー

2人1組を作って行う練習メニューです(3人1組でもOK)。2人で合計20本のフリースローを打ち(各10本ずつ)、合計を記録します。

毎日行って前日までの自分たちの記録に挑戦するのでもいいですし、チームをいくつか作って勝負をしてもいいです。

疲れていて1人ではフリースローの練習をする気分になれないときに、パートナー同士で声を掛け合って練習することができます。疲れていると集中力が切れてしまいがちですが、パートナーとの共同の記録になることで、集中力を上げることができる選手もいます。選手の性格にもよるので、全員に向いている練習メニューではありません。


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です