【バスケ練習メニュー】ドリブルハンドリングからパス&ランシューティングドリル


練習の目的

ドリブルハンドリングの技術を向上させるとともに、ミートからの様々なシュートの練習をすることが目的です。

ミドルレンジでボールをミートしてシュート/ポンプフェイク/ドライブなどは試合で頻繁に起こるシチュエーションですので、反復練習をすることが大切です。特にミニバスや中学ではミートをする際の軸足に注意をし、トラベリングにならないように気を付けましょう。

この練習メニューは、チームの人数が多い場合でも、同時に4か所で行えるので効率よく練習を進めることができます。

それでは練習の進め方を見ていきましょう。

 

練習の進め方

  • プレイヤーは各自1つのボールを持ち、ハーフコートラインのところに並ぶ
  • パッサーはハイポスト付近に立つ
  • カラーコーンを図の通り3個ずつ置く
  • 両サイドに並ぶ

バスケ ドリブルシュートの練習メニュー

  1. コーンとコーンの間をドリブルで進む。ドリブルの仕方は選手のレベルに応じて制限を付けたり工夫する
  2. 最後のコーンを超えたら、パッサーにパスをして走る
  3. パッサーはリターンパスを出す
  4. ボールをミートしたら、シュートをする(シュートの種類は下記参照)
  5. シューターは自分自身でリバウンドを取り、逆サイドの列に並ぶ
  6. パッサーがリターンパスを出したら、次のプレイヤーがドリブルを開始する

 

シュートの選択肢

  • キャッチアンドシュート
  • ポンプフェイクからジャンプシュート
  • ポンプフェイクからドライブしてレイアップ
  • キャッチアンドドライブ
  • ワンドリブルジャンプシュート
  • ワンドリブルからステップバックジャンプシュート
  • その他

 

逆サイドでも同時に行っているので、レイバック(バックレイアップ)などの逆サイド側へ行くシュートは行わないようにしましょう。

図ではハーフコートの2か所で練習をしていますが、人数が多い場合はオールコートを使って4か所で練習を行うことも可能です。また、ドリブルの練習を増やしたい場合は、コーンの数を増やしてオールコートでドリブルをするのもいいでしょう。


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です