《バスケ×シュート練習》ドリブルオフジャンプシュートドリル


練習の目的

今回紹介するドリブルオフジャンプシュートドリルはミニバスや中学バスケなどのバスケ初心者のためのシュート練習です。

コーチが正しいシュートの打ち方を指導したうえで、正しいシュートフォームを身につけていくことを目的としています。

バスケを始めたばかりの初心者の人はドリブルからストップ&ジャンプシュートをする際に体が流れてしまいがちです。この練習を通して正しいシュートフォームを身につけるとともに、ドリブルからストップをして真上にジャンプできるように反復練習をしましょう。

また、ドリブルからストップする際には両足ストップと1-2ステップ(右利きであれば左足右足)のストップがあります。どちらが正解というわけではありませんので、1人1人にあったストップの仕方を教えてあげられるといいと思います。

 

練習の進め方

  1. 両ウィングとトップにコーンを置いて、その後ろに各選手はボールを持って並びます。
  2. 1列目と2列目はシュートフォームの確認のために使います。ドリブルでゴールに近づき、ポンプフェイクをしてシュートフォームを確かめます。
  3. シュートフォームを確かめたら次の列に並びます。
  4. 3列目はドリブルから両足か1-2のステップでジャンプシュートを打ちます。
  5. 自分のボールのリバウンドを取って、1列目に並びます。

ドリブルオフジャンプシュートドリル

 

練習のアドバイス

正しいシュートフォームを身につけるためには、何より自分自身のシュートフォームを見直すことが大切です。

コーチが正しいシュートフォームを見せるだけでなく、子供たちが自分たちのシュートフォームを見れるようにビデオ動画を取るといいでしょう。

また、ビデオ動画は練習外の時間に見るだけでなく、練習中であっても見せられるような環境を整えておけるとベストだと思います。

最後に、「ドリブルオフジャンプシュートドリル」と合わせて下記の練習も取り入れるといいでしょう。

>>《バスケ×シュート練習》オープンジャンプシュートドリル


今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です