《バスケ×エンドプレイ》スクリーン・ザ・スクリーナー – マンツーマンディフェンス用


バスケの試合に勝つためには、エンドスローでゴール下を攻めるためのセットプレイが必須です。

しかも、1つだけでなく複数のセットプレイが必要となります。それは、1試合の中でエンドスローは何回もある上に、試合を重ねていくと相手チームから研究されるために同じセットプレイが使えないからです。

今回紹介するエンドスローからのセットプレイはスクリーンをかけたスクリーナーに、さらにスクリーンをかけるというものです。

動き自体はシンプルですが、成功させるためには「タイミング」が非常に重要になります。練習を通してタイミングを確かめましょう。

 

スクリーン・ザ・スクリーナー の手順

  1. 下図のようにボックスの形で4人はセットします。青4と青5をインサイドプレイが得意な選手が行います。
  2. バスケットボール エンドプレイ

  3. 青1の合図と同時に、青4は青2へスクリーンをセットし、青2はスクリーンを使ってブラッシングしながらコーナーへ行きます。
    青3はボールサイドのトップポジションへ移動します。
    青2がマークマンを振り切っていてノーマークでシュートが打てるようであれば、パスをします。
  4. バスケットボールの戦術 エンドプレイ

  5. 青4がスクリーンをセットするのと同時に、青5は青4へスクリーンをセットします。
    青4は青2が通り過ぎたら、青5のスクリーンを使って逆サイドのゴール下へ飛び込みます。
    パスが入ればゴール下シュートかレイアップを狙います。
  6. バスケ ナンバープレイ

  7. 青5は青4が通り過ぎたらロールしてボールサイドのゴール下へ飛び込んでゴール下シュートを狙います。
  8. バスケ エンドプレイ

  9. どのオプションにもパスができなければ、青3へパスをしてハーフコートオフェンスを作ります。

今、あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です