オフェンス

《バスケ戦術×エンドプレイ》ボックスゲートセット – マンツーマンディフェンス対策

エンドスローのセットプレイでボックスから始まるものは多数ありますが、その中でも非常にシンプルなものを紹介していきます。

セットプレイは複雑であれば良いというものではなく、シンプルなものでも得点につながることはよくあります。

特に、シュートクロックの時間が残り少ない場合は複数のオプションがあるセットプレイよりも、1か所しかないセットプレイが有効でしょう。

また、1か所のオプションに絞って攻める方が選手にとってわかりやすいので、試合中にサインミスが起きることも防げます。

もちろん、複数のオプションを持ったセットプレイも有効で、要は使い分けることが大切ということです。

話が少し脱線してしまいましたが、今回紹介するボックスゲートセットの手順を見ていきましょう。

 

ボックスゲートセットの手順

  1. 下図のように4人がボックスの形でセットします。
  2. バスケ エンドプレー
  3. パッサーの合図と同時に、青4は1~2歩外に出てパスを受けます。
  4. 青4がボールを受けるタイミングに合わせて、青2も外に飛び出してボールをもらいます。
  5. 同様に青2がボールを受けるタイミングに合わせて、青3はトップ・オブ・ザ・キーへ飛び出してボールをもらいます。
  6. バスケットボール 戦術 エンドプレイ
  7. 青4へパスをした青1はゴール下へ行きます。パスが青3へ行ったら下図のように青2と青4はダウンスクリーンをセットして、青1はスクリーンを使って外へひらき、シュートを狙います。
    ディフェンスのポジションに合わせてウィングでスリーポイントを狙うのか、カールカットをしてハイポスト付近でジャンプシュートをするのか決めましょう。
  8. バスケットボール 戦術 エンドプレイ

 

ちなみに、エンドスローのセットプレイは英語でBLOB(Baseline Out of Bounds)と言います。サイドラインはSLOB(Sideline Out of Bounds)です。

ただの知恵袋でした・・笑

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です