バスケペディア

オールラウンダーとは? | バスケ用語解説のバスケペディア

バスケットボールにおけるオールラウンダーとは、ガードからセンターまでの全てのポジションをこなせる選手のことを言います。

バスケットボールでは基本的に以下の5つのポジションがあり、オールラウンダーと呼ばれる選手はそれら全ての役割を担います。

  • ポイントガード(PG)
  • シューティングガード(SG)
  • スモールフォワード(SF)
  • パワーフォワード(PF)
  • センター(C)

一般的にオールラウンダーの選手は身長が高く、身体能力にも恵まれていて、ボールハンドリングやシュート力も高い選手です。

ミニバスから高校にかけては、身長や身体能力に差が出やすく、オールラウンダーの選手もよく見られます。また、周りとの実力差がありすぎて仕方がなくオールラウンダーになってしまっている選手も少なくはありません。

そして、大学バスケやプロ(BリーグやNBAなど)に進むにつれて、オールラウンダーとしては通じなくなるので、それぞれのポジションに沿った能力を身につけていくケースが多いです。

各ポジションにおける役割の違いは、下記を参考にしてください。
《バスケ初心者必見》バスケのポジション別の役割を理解しよう

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です