オフェンス

【2-3ゾーン対策フォーメーション】 ベースラインカットセット

2-3ゾーンディフェンスや2-1-2ゾーンディフェンスに対してショートコーナーでノーマークのシュートを打つためのセットオフェンス(ナンバープレイ)を紹介していきます。

ベースラインカットセットの基本的な考え方は以下の2つから成り立っています。

  • 下側のディフェンスを上側に上げる
  • 真ん中のディフェンスにスクリーンをセットする

 
この2つの考え方は、全てのゾーンオフェンスの基礎となりえます。Gold Standard Labというサイトで詳しく解説されていますので、そちらを参考にしてください。

「ゾーンオフェンス(ゾーンアタック)に生きる2つのコンセプト」
http://goldstandardlabo.com/blog/2014/09/17/zone-offense/

 

ベースラインカットセットの手順

ベースラインカットセットは「4out1in」のフォーメーションからスタートします。

大切なのは、ウィングを下側のディフェンスに守らせるということです。ツーガードの2人で上側の2人をしっかりと引き付けるようにしましょう。

  1. 青1から青3へパスをし、青3はすぐに青1へリターンパスを返します。
  2. 青2はディフェンスを自分に引き寄せるために、その場に立っているのではなく、VカットやIカットをしてディフェンスの意識をひきつけます。または、最初はウィングに位置して、青3から青1へのリターンパスに合わせてガードポジションに上がってきてもいいでしょう。
  3. ゾーンオフェンス ベースラインカット
  4. 青3は青1へリターンパスを出すと同時に、逆サイドのウィングへ切れます。
  5. 青1→青2→青3へパスをつなぎます。
  6. 青3に対して下側のディフェンスが付いてきていれば、ショートコーナーに大きなスペースができているはずです。
  7. そのスペースへ青4はベースラインカットで移動します。
  8. 青4の移動に合わせて青5はゾーンディフェンスの真ん中の選手に対してスクリーンをセットします。
  9. 青3から青4へパスをしてシュートを狙います。
  10. ゾーンオフェンス ベースラインカットセット

 

ベースラインカットの応用

青3が逆サイドに切れてウィングでボールをもらった時に、下側のディフェンスが出てこない場合があります。青3がアウトサイドからシュートを打てる場合は積極的にシュートを狙いましょう。また、シュートが打てない場合は、ドリブルでコーナーに落ちていき、下側のディフェンスを外におびき寄せてショートコーナーのスペースをあけましょう。

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です