オフェンス

《バスケ×シュート練習》速攻のシューティングドリルから1on1

練習の目的

これから紹介する練習は、速攻の中でのシュート力をアップするとともに、体勢の整っていない状態での1on1を強化するために非常に優れたメニューです。

トランジションの中でのミート(走りながらのミート)ではきちんと止まることができずに身体が流れてしまいがちです。

トランジションにおいてもきっちりと止まる!ということを意識して練習に取り組みましょう。

また、ただ単純なトランジションからのシューティングとして練習をするのではなく、リバウンドから1on1まで行うことがこの練習の醍醐味です。

オフェンスはミートをする前に次の動きを頭の中に描いてボールをミートしましょう。また、ディフェンスは1発で抜かれるということをされないようにしましょう。

それでは練習方法を見ていきましょう。

 

練習方法1の手順

  1. 2メンの形からシューター(図の青1)はトップ・オブ・ザ・キーでボールをミートしてジャンプシュートを打つ
  2. シューターはシュートを打ったらサイドラインにタッチしてゴールに向かって飛び込む
    パッサーはリバウンドを拾ったらシューターへパスをして、そこから1on1を始める

*パッサーがリバウンドを取れていない場合、シューターはタイミングを合わせるためにサイドラインで止まっておく
速攻のシューティングドリルから1on1

 

練習方法2の手順

  1. 2メンの形からシューターはウィングでボールをミートしてジャンプシュートを打つ
  2. シューターはシュートを打ったらコーナーへ行き、そこからエルボーへ折り返してパスをもらう
    パッサーはリバウンドを取って練習方法1と同様にシューターへパスをして1on1を始める

*練習方法1と同様にシューターがタイミングを合わせる必要がある
速攻のシューティングドリルから1on1

 

練習のアドバイス

ただのシューティングとしての練習で終わらせるのではなく、対人のメニューを入れることで選手の集中力が高まりやすいです。

しかもスピードに乗った1on1は楽しいと感じる選手が多いので、自然と練習中の雰囲気も良くなっていくはずです。

1つ注意点としては、1on1に時間をかけすぎてしまう場合があることです。この練習では「一瞬」で勝負を決める必要があるということを選手に理解させてから練習に取り組んでもらえたらと思います。

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です