オフェンス

《バスケ×セットプレー》1-4ダブルカール – マンツーマンディフェンス用

マンツーマンディフェンスに対して使えるセットプレーの「1-4ダブルカール」について紹介していきます。

高いポジショニングからゴール下のスペースを広げ、UCLAカットカールカットによってノーマークのレイアップを生み出すプレーです。

また、2つのカットでディフェンスを振りきれなかった際にはピックアンドロールを仕掛けることで攻撃の幅を広げることができます。

このセットプレーは攻めるオプションが多く、選手1人1人の発想力によって発展させやすいです。

 

1-4ダブルカールの手順

  1. 1-4のフォーメーションからスタートします。ウィングはフリースローラインの延長線上よりも高い位置にいます。
  2. 1-4 フォーメーション
  3. ポイントガード(青1)はスモールフォワード(青3)へパスをします。
  4. バスケ戦術 1-4 フォーメーション
  5. センター(青5)は1歩外へ出て青1のディフェンスへスクリーンをセットします。ポイントガード(青1)はUCLAカットでゴール下へ切れ込んで行き、パスがもらえなければ逆サイドへ抜けます。
  6. UCLAカット
  7. 次に、パワーフォワード(青4)とセンター(青5)でシューティングガード(青2)にダブルスクリーンをセットします。シューティングガード(青2)はスクリーンを使って図のようにカールカットをしてゴール下に切れ込みます。
    パスが入らなければ逆サイドへ抜けます。
    青1がカッティングをし始めると同時に青2も動き始めましょう。
  8. カールカット
  9. 最後に、センター(青5)はスモールフォワード(青3)へピックアンドロールのスクリーンをセットします。スモールフォワード(青3)はスクリーンを使ってドライブ、ジャンプシュート、パスなどの攻撃を展開します。
    その際、パワーフォワード(青4)はスペーシングのためにスリーポイントラインの外側まで開いておきます。
  10. ピックアンドロール

 

1-4ダブルカールを成功させるためのコツ

  • スモールフォワードは攻める姿勢を常に見せる
  • 2つのカッティングに多少の時間がかかるため、スモールフォワードがボールを持っている時間が長くなってしまいがちです。

    ディフェンスにプレッシャーをかけられて背中を見せてしまうのではなく、常に攻める姿勢を見せて優位な体勢でいられるようにすることが大切です。

  • スペーシング
  • このセットオフェンスを決めるためにはスペーシングが非常に重要です。ゴール下のスペースを意識的に広くとり、カッティングをした後はゴール下に残らないようにしましょう。

  • ピックアンドロールを練習する
  • ピックアンドロールは一朝一夕でできるものではありません。普段の練習からピックアンドロールを使いましょう。

    >>ピックアンドロールを成功させるための基本はこちら

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です