未分類

《バスケ×スラムダンク》ダンクシュートの種類を紹介

バスケットボールの花形シュートと言えばダンクシュートですよね。

ダンクシュートはリングにボールを直接入れるシュートですが、色々な種類があるって知っていましたか?

ダンクシュートの種類を知れば、バスケットボールがもっともっと楽しくなること間違いないと思います。

NBAの試合を見ながら、「あ、◯◯ダンクだ!」って言えたら試合を見ていて面白くなりますよ♪

まずは最高にかっこいいダンクのまとめ動画を見て、ダンクのイメージをつかんでください。

いかがですか?
ダンクすげ〜!と思っていただけたでしょうか?

それではダンクの種類を細かく説明していきます。

 

ワンハンドダンク

ワンハンドダンクはボールを片手で持って行うダンクシュートのことです。

 

ボスハンドダンク(ボースハンドダンク)

ワンハンドダンクが片手であるのに対して、ボスハンドダンクは両手でボールを持って行うダンクシュートのことです。

 

リバースダンク(バックダンク)

リバースダンク(バックダンク)はゴールを背にしてダンクをすることです。

 

スリーシックスティー(360)

スリーシックスティーは空中で一回転回ってからダンクをすることです。

 

リバース・スリーシックスティー

スリーシックスティーと逆周りに一回転回ってからダンクすることです。2000年のNBAのダンクコンテストで、ビンス・カーターが使ったダンクとして有名です。下の動画の一番最初に出てくるダンクがリバース・スリーシックスティーです。

 

レーンアップ(フリースローラインダンク)

フリースローラインから踏み切って決めるダンクのことです。ダンクコンテストでマイケル・ジョーダンが使ったダンクとして有名です。皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 

ウィンドミル

ウィンドミルとは風車のことを言い、風車のようにボールを一回転させて決めるダンクのことです。

 

トマホーク

トマホークはボールを頭の後ろに持っていくダンクのことです。上半身を反ってからダンクすることが多いです。

 

アリウープ

アリウープは空中でパスをもらってそのままダンクをすることです。NBAの試合では頻繁に見られ、会場が盛り上がるプレイです。

 

一人アリウープ

アリウープが味方からパスをもらってダンクをするのに対し、一人アリウープは自分自身でパスを出してそのボールを空中でキャッチしてダンクをします。

 

レッグスルーダンク

レッグスルーダンクは、空中でボールを股の下を通して決めるダンクです。

 

ビハインドザバックダンク

ビハインドザバックダンクは、空中でボールを腰回りを一周させて決めるダンクです。

 

プットバックダンク/ティップバックダンク

リバウンドのボールをそのままダンクするシュートです。

 

オフザグラスダンク

グラス=バックボードのことで、バックボードに当たって跳ね返ってきたボールを空中でキャッチしてダンクをするシュートです。

 

ダブルクラッチダンク

ダブルクラッチダンクは、空中でボールを一度下げてからもう一度ダンクに行くシュートです。ブロックにきたディフェンスをかわして決めるためのシュートで、ダブルクラッチレイアップのダンクバージョンです。

 

エルボーダンク

エルボーダンクは通称「肘入れダンク」とも呼ばれ、リングの中に肘まで入れるダンクです。ビンス・カーターがダンクコンテスト

この他にも、ダンクコンテストならではのダンクシュートも数多くあります。Youtubeなどで検索してみてください。

シュートが上手くなりたい人におすすめ!
シュートマジック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です