オフェンス

【2-3ゾーン攻略セットオフェンス 】スキッパー

2-3ゾーンディフェンスに対して、スキップパスからコーナーでスリーポイントシュートを狙うセットオフェンス(フォーメーション)を導入していきます。2-1-2ゾーンディフェンスに対しても有効ですので参考にしてください。

このセットオフェンスはアウトサイドからのシュートが得意なシューターがいるチームにとって使いやすいです。また、ゾーンディフェンスをうまく攻められずに得点が止まっている時に使うことができます。

シンプルなセットプレイなので、試合中に選手が使いこなすことができるでしょう。

それではスキッパーの手順を見ていきましょう。

 

スキッパーの手順

2-3ゾーンオフェンスバスケ ゾーンオフェンスゾーンオフェンス セットオフェンス
  1. 1-3-1の陣形を取り、ローポストはシューターと同じサイドのローポストに立つ
  2. 青1(ガード)は青3(シューターではない方のウィング)にパスを出す
  3. 青5はローポストで赤4に対してスクリーンをセットする
  4. 青2(シューター)はコーナーへスライドする
  5. 青3は青2へスキップパスを出し、青2はスリーポイントシュートを狙う

 

コーチングアドバイス

ガードからウィングにパスをする際に、スティールされることを防ぐために、ガードはドリブルでウィングに近づいてからパスをします。

青5のスクリーンのタイミングがこのセットプレイを成功させるためのカギになります。スクリーンが早すぎれば赤4に避けられてしまいますし、遅すぎてもスクリーンがかかりません。

最適なタイミングとしては、青3がオーバーヘッドパスをしようと動作に入ったタイミングでスクリーンをセットします。赤4の目線がボールを持っている青3からパスの先に移るタイミングでスクリーンがセットされていれば完璧でしょう。

また、スクリーンをセットした後、赤4がコーナーへ向かっていった場合、赤5に対して体を当てて面を取りましょう。これはリバウンドにおいてのポジション取りであるとともに、青2からゴール下へのパスをもらい、得点につなげるチャンスにできます。青2は必ずしもスリーポイント狙うだけでなく、ゴール下も見るようにしましょう。

 

その他のセットオフェンス

2-3型ゾーンディフェンスに対して使えるセットオフェンスの一覧です。ぜひ参考にしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です